長期優良住宅の条件を満たすためのアイ工務店の設備




こんばんは!ちゃぬです!

アイ工務店、調べれば調べるほど魅力的です.。゚+.(・∀・)゚+.゚

これまでにブログに書いたほかに、
アイ工務店の長期優良住宅の仕様をいくつか紹介します(・∀・)

 

アイ工務店は標準で長期優良住宅の仕様

アイ工務店の-Ees-は標準で長期優良住宅の仕様となっているそうです。

長期優良住宅にするためにはたくさんの条件をクリアしなければいけません。

丈夫なお家を建てるだけでなく、バリアフリー性、省エネ性、快適な住居環境を保たなければなりません。

どのよにして長期優良住宅にしているのか、アイ工務店の標準仕様の設備をいくつかご紹介します。

 

アイ工務店の設備

  • 熱交換型24時間セントラル換気システム

快適な温度で家中の空気を新鮮に保つために動いています。

次世代省エネ仕様である事により、建物の気密性が高まり、空気の循環を計画的に行う必要があります。

そこで、アイ工務店では、外気と内気の温度を近づけ換気を行う熱交換型24時間セントラル換気システムを採用しています。

暖かい内気はフィルターを通してホコリなどの汚れを取ってから、冷たくなった内気として排出。

冷たい外気は花粉や塵などをフィルターを通してキレイにしてから、暖かくなった外気としてお家の中へ入れる、という感じのシステムです。

外気と内気の温度差が少ないため、空調ロスも少なく、効率的に室内の空気を清潔に保てます。

ちびちゃぬにも安心ですね(*´ω`*)

ミサワホームもこのシステムを使っています。

 

その他にアイ工務店が提案していること。

  • ユニバーサルデザイン

危険な段差の解消や、手すりの設置、極力一階部分は引戸や通路を広くすることなどを採用、提案しているそうです。

あんまり気に留めてなかったけど、言われてみればちゃぬ達が見学に行ったモデルハウスは手すりや引戸がしっかりしてました(・∀・)!!

 

  • シックハウス対策

新築なのにシックハウス症候群なんて嫌ですよね。

アイ工務店ではシックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒド等の排出量がゼロ、もしくは極めて少ない、JIS・JASで最高水準のF☆☆☆☆(エフ・フォースター)建材を標準で使っています。

F☆☆☆☆ってなんだかかわいいですよね。
初めて聞いたときはニヤついてしまいました。

ミサワホームの工場見学で見た建材もF☆☆☆☆でした(*´ω`*)

あ、それとアイ工務店ですが、壁紙には安全性の高いSV規格、接着剤にはゼロホルマリン接着剤を採用しているそうです。

住むからには安全なお家がいいですよね(*´ω`*)

次回は耐震などについて書けたらなぁと思います!!

では!!